レンタルDVD鑑賞日記その570。

ほんとにあった!呪いのビデオ 75 [DVD]

ほんとにあった!呪いのビデオ 75 [DVD]

 今年1月にリリースされた、『ほんとにあった!呪いのビデオ』第75巻です。イベントを催す予定の土地を撮っていたところ記録されてしまった怪異“下見”、乗り過ごして辿り着いた駅で投稿者を襲う不気味な出来事“無人駅”、公園で戯れる親子が撮った映像が思わぬ事実を導き出す“母の願い”前後篇など7話を収録。

 福田陽平&寺内康太郎コンビが演出に就いて丸1年、さすがに単品のエピソードについてはちょっと凡庸なネタが増えた印象ですが、長篇“母の願い”は見事。一見ありがちな映像かと思いきや、異変の当事者への取材から次第に奇妙な背景が浮かび上がっていく。先の連作から加わった演出助手がよくも悪くも大活躍して、エピソードとしてかなり見応えがあります。……こういう背景があるのではないか、というのはちょっと勘の鋭い視聴者なら察しがつきそうなもので、その意味ではもう少し序盤から慎重に行動せえよ、と言いたくはなりますが。

 現在のスタッフが力を発揮するのはこの手の長篇ネタであるのは間違いないので、今年も夏には込み入ったネタを仕掛けてくれることを期待したい。