『2001年宇宙の旅』

TOHOシネマズ六本木ヒルズ、エスカレーター下の案内ポスター。 2001年宇宙の旅 [Blu-ray]

原題:“2001 : A Space Odyssey” / 原作:アーサー・C・クラーク / 監督&製作:スタンリー・キューブリック / 脚本:スタンリー・キューブリックアーサー・C・クラーク / 撮影監督:ジェフリー・アンスワース、ジョン・オルコット / プロダクション・デザイナー:アーネスト・アーチャー、ハリー・ラング、アンソニー・マスターズ / 衣裳:ハーディ・エイミーズ / 特撮:ダグラス・トランブル、ウォーリー・ヴィーヴァーズ、コン・ペダーソン、トム・ハワード / 特殊メイク:スチュアート・フリーボーン / 編集:レイ・ラヴジョイ / 音楽:ジョルジ・リゲティリヒャルト・シュトラウス / 出演:ケア・デュリアゲイリー・ロックウッドウィリアム・シルヴェスター、ダニエル・リクター、レナード・ロシターマーガレット・タイザック、ロバート・ビーティ、ショーン・サリヴァン、アラン・ギフォード、アン・ギリス、エド・ビショップ、ケヴィン・スコット / 声の出演:ダグラス・レイン / 配給:MGM / 映像ソフト発売元:Warner Home Video

1968年アメリカ、イギリス合作 / 上映時間:2時間19分 / 日本語字幕:木原たけし

1968年4月11日日本公開

2010年4月21日映像ソフト日本最新盤発売 [DVD Video:amazonBlu-ray Discamazon]

第1回新・午前十時の映画祭(2013/04/06〜2014/03/21開催)上映作品

TOHOシネマズ六本木ヒルズにて初見(2014/01/22)


続きを読む

本日の見出し

 けっきょく今日は、きのうの体調不良を引きずって半日寝て過ごしていました。そのため、急いで書き上げたものですから、『2001年宇宙の旅』は音楽も凄いんだ、というのに触れるのを忘れてました。

 SF映画にオーケストラが用いられるようになった端緒とも言われ、『ツァラストゥラはかく語りき』の旋律とほとんど結びついてしまっている本篇ですが、しかし初見で最も衝撃を受けるのは、モノリスが絡んでくるシーンの、不穏極まりないコーラスを中心とした演奏でしょう。幾度か流れますが、なかでもこれを選んだのは……タイトルがシンプルだったから。何にしても、聴くだけで精神が病んでしまいそうなこの楽曲との調和も素晴らしいのです。