100本目に伝説の映画、のついでに6回目の大つけ麺博2018。

TOHOシネマズ新宿入口エスカレーター脇に掲示されたポスター。 本日観てきた映画で、今年も無事に劇場での鑑賞回数が100に達しました――うち『爆笑問題withタイタンシネマライブ』が5回、東京03の単独公演が1回、合わせて6本のライブビューイングも含んでいるので、映画だけだとまだ3桁に達していないのですが、それでも節目は節目。例年、ギリギリまでは意識せず、直前になって節目に相応しい作品を選ぶ傾向にあるのですが、けっこうそれらしい作品が何かしら来てくれるものです。今年もちゃんとありました。

 出かけたのはTOHOシネマズ新宿です――あとのついでがあるので、
今月いっぱいは迷う余地がない。鑑賞したのは、アーサー・C・クラークの小説を映画界屈指の鬼才スタンリー・キューブリックが実写化、それをクリストファー・ノーラン主導でリファインしたものをIMAXでリヴァイヴァル上映した2001年宇宙の旅(IMAX)』(Warner Bros.配給)。デジタル化して最初の午前十時の映画祭で上映された際に鑑賞して以来なので約4年振り。

 ……解っていたけど、やっぱり眠いです。とにかく1個1個の描写が慎重で克明すぎて、テンポが間延びしすぎている。吟味して鑑賞するとその凄味は解るんですが、それでもこれで2時間超えはきつい。それでも眠気をこらえながら鑑賞すると、緻密すぎる描写にずーっと打ちのめされます。リファインされたことで映像がいっそう明確になり、それ故に50年前とはとうてい思えないクオリティも改めて実感できる。退屈なのはイヤ~、というひとにはお薦めはしませんが、映画としての価値を認めているひとなら、現代の品質で鑑賞しなおす価値は充分にあると思う。

 それにしてもこの作品、観に来るひとも特殊なのだ、と劇場に足を運んで実感しました。なにせ、上映開始を待っているあいだも、1時間25分ほどで挟まれる15分のインターミッションにも、会話を交わす声がまったく聴こえてこない。“THE END”が出たあと、場内が明るくなってもしばらくは『美しく青きドナウ』が流れ続けているのですが、最後まで席を立たないひともかなりの数存在してる。どのひともなんだか鹿爪らしい表情ですし、やっぱりこの映画を好きで観に来るひとはちょっと変わってる。

おいしい野菜を使ったみそらあめんのお店 すみれ津本店の新 みそ2、あおさのり&コーントッピング。 鑑賞後はまたしても大つけ麺博へ。雨は小休止のようですが、肌寒くなったせいか、それとも昼食時を過ぎたせいか、あんまり人出はなく、非常に買いやすかった。

 本日選んだのは、おいしい野菜を使ったみそらあめんのお店 すみれ津本店の新 みそ2。実は、このあいだ食べた癒庵のお隣のブースです。癒庵で並んでいるとき、隣で盛んに「トッピングはあおさのりがお薦めです~」と呼び込みをしているのがずーっと耳に入っていて、あおさのりが欲しくなってしまった。当初は別の店を候補に考えていたのに、会場でそのことを思い出して、こっちに切り替えてしまいました。トッピングは、味噌ラーメンなら入ってると嬉しいコーンと、当然のようにあおさのりです。

 これがまた、非常に私好みでした。味噌と背脂でコクはあるけど、野菜から摂ったスープが優しく、スッキリしている。移動時間を考慮してあえて固めに茹でている、という麺も、食べ始めるときには適度な弾力でいい食感。トッピングのコーンが最後まで歯応えと甘みを加え、更にあおさのりが適度な苦みを添えつつ脂っ気を押さえてくれるので、スープも最後まで飲めてしまう。身体のことも考えて、普段はスープは残すようにしている私ですが、勢いがついてしまい、飲み干してしまいました。これは、本店に足を運んでみたくなりました――三重なんで、なかなか行くきっかけが掴めなさそうですが。

『灰とダイヤモンド』

TOHOシネマズ日本橋、通路に掲示された案内ポスター。(※『午前十時の映画祭9』当時) 灰とダイヤモンド [DVD]

原題:“Popior i diament” / 原作:イェジ・アンジェイェフスキ / 監督:アンジェイ・ワイダ / 脚本:アンジェイ・ワイダ、イェジ・アンジェイェフスキ / 撮影監督:イエジー・ヴォイチック / 音楽:フィリップ・ノヴァク、ボーダン・ビエンコフスキー / 出演:ズビグニエフ・チブルスキーエヴァ・クジジェフスカ、バクラフ・ザストルジンスキ、アダム・パブリコフスキ、ボグミウ・コビェラ、ジャン・チェチェルスキ、スタニスワフ・ミルスキ / 初公開時配給:ニッポンシネマコーポレーション / 映像ソフト発売元:KADOKAWA

1979年アメリカ作品 / 上映時間:1時間43分 / 日本語字幕:久山宏一

1980年8月30日日本公開

午前十時の映画祭9(2018/04/13~2019/03/28開催)上映作品

2010年7月14日映像ソフト日本最新盤発売 [DVD Video:amazon]

TOHOシネマズ日本橋にて初見(2018/10/02)


続きを読む

『MEG ザ・モンスター(字幕・2D・Screen X)』

ユナイテッド・シネマアクアシティお台場のエスカレーター下のスペースに展示された特大スタンディ。

原題:“The Meg” / 原作:スティーヴ・オルタン / 監督:ジョン・タートルトーブ / 脚本:ディーン・ジョーガリス、ジョン・ホーバー、エリック・ホーバー / 製作:ベル・エイヴリー、ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ、コリン・ウィルソン / 製作総指揮:ランディ・グリーンバーグ、ベン・アーウェル・ジー、ウェイ・ジャン、ジェラルド・R・モーレン、シャンタル・ノン、バリー・M・オズボーン、キャサリン・ジュジュン・イン / 撮影監督:トム・スターン / プロダクション・デザイナー:グラント・メイジャー / 編集:スティーヴン・ケンパー、ケリー・マツモト / 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ / 出演:ジェイソン・ステイサムリー・ビンビンレイン・ウィルソンクリフ・カーティス、ウィンストン・チャオ、ソフィア・カイ、ルビー・ローズ、ページ・ケネディロバート・テイラーマシ・オカ / 配給:Warner Bros.

2018年アメリカ、中国合作 / 上映時間:1時間53分 / 日本語字幕:アンゼたかし

2018年9月7日日本公開

公式サイト : http://www.megthemonster.jp/

ユナイテッド・シネマアクアシティお台場にて初見(2018/09/28)


続きを読む

『はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』公開記念舞台挨拶つき上映 at 新宿ピカデリー……のついでに大つけ麺博2018。

 ……実はちょっと戦々恐々としていた。何故なら、昨年これの前編を観に行ったその日、家に帰ったあと、あまりのしんどさに病院に駆け込んで、そのまんま入院する羽目になったのです。たまたまそういう時期だった、というだけではありますが、観に行くのがちょっと怖い、となるのも致し方ない。

 しかし朝も体調にこれといって問題はなく、陽気もいい。いちおう冷え込みを警戒し、少し厚着をしてバイクに跨がりましたが、むしろ暑くて気分が悪くなるくらいでした。駐輪場もいちばん使いやすいところが空いていて、余裕を持って現地入り。

 というわけで、久々の新宿ピカデリーにて鑑賞してきました、大和和紀の伝説的な少女漫画を、初めて最後までアニメ化したはいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』(Warner Bros.配給)

 前編もそんな感じでしたが、とにかくダイジェスト感が凄い。テレビシリーズをひととおりやったあとでまとめた、みたいな。制作が同じ日本アニメーションですから、打ち切りで完結できなかった1978年のテレビシリーズの雪辱、という意味合いもあるのでしょうけれど、もうちょっと綺麗に整えられなかったもんか。

 しかし、そのぶんちゃんと、「ここが欲しい」という部分はほとんど拾っている。やたらと行動力豊かな紅緒の魅力であるとか、編集長の意外な色男っぷりとか、難しい立場に追いやられたがゆえの少尉の苦悩であるとか。何より、前述したテレビシリーズでは一切触れられなかったこの作品のクライマックス、劇的な大団円はしっかり尺を使って描いているので、満足感はある。原作を知らなくても、肝心なところは前後編で拾っているので、ダイジェスト感はあれど映画としてはまとまってます。

 本篇上映後は、メインキャスト4名による舞台挨拶です。花村紅緒役の早見沙織、伊集院忍少尉役の宮野真守、青江冬星編集長役の櫻井孝宏、そしてラリサ役の坂本真綾が登壇。

 いちばん最初に挨拶した早見沙織がうっかり最後に「おはようございます」を無理くり入れたせいでそのあとの面々がみんな挨拶の締めを「おはようございます」にしたり、随所でツッコミが入ったり、と終始和やかな雰囲気。

 やはり出演者にとって感慨深いのは、初めて原作のラストまでアニメ化された記念すべき作品となった、という点らしい。そこに至るまでに描かれた少尉の繊細な優しさや、冬星の意外なほどのイケメンっぷり、そして観る側からすれば完全な悪役の立ち位置ながら、過酷な運命と戦い続け、やむない事情があったからこそあんな言動になっていたラリサのことなどをそれぞれ熱心に語っていました。上でも記しましたが、いい台詞はかなりしっかりと拾っているので、それぞれの言い回しにも気を遣っていたそうです。

 今日、現場には来られなかった原作者・大和和紀からキャラクターのイメージに沿った花束が各声優に贈呈され、それを入れてのフォトセッションを挟んで、舞台挨拶は終了。

つけ麺道 癒庵の山形・辛味噌つけ麺、半熟味玉トッピング。 そのあとは当然のように大久保公園まで足を伸ばして、大つけ麺博にて昼食を摂ってきました。

 今回選んだのは、つけ麺道 癒庵の山形・辛味噌つけ麺。今日は半熟玉子のトッピングも追加しました。ベースの味噌に辛味噌のダルマを載せて、辛味を調整しながらいただくスタイル……午前中に暑すぎる格好をしていたせいで若干胃が弱っていたのか、今日の私には特にチャーシューがくどかったんですが、全般に安定感のある作り。太めでツルツル、弾力豊かな麺は少なくてもなかなかの食べ応えがありますし、味噌ではありますが王道の魚介系に近い味わいがある。やっぱり大つけ麺博に参加してる店は基本的にハズレはないよね。

 とはいえ胃は重たいので、食後はすぐにバイクを出して帰宅……無事に家に帰り着けました。この記事もちゃんと自宅で書いてます。体調からすれば、事故にでも遭わない限りは問題ないのは解ってるんですけど、それでもずーっとヒヤヒヤしていたのでした……。

壁を越えました。

 次にアップしたい映画感想の前にどうにかしたかった宿題3つがようやく片づきました。これで、書き上げたまんまほったらかしだった1本がやっとアップ出来ます……ぶっちゃけ、書いている内容にはあんまり絡まないので、無理にこの順番を通す必要もなかったんですが、どのみち宿題は順次片付けねばならないのだし。

 なんとなく次にアップする感想がなんなのか、察しはつくのでは、と思いますが、とりあえずまだ伏せておきます。

『ロスト・バケーション』

TOHOシネマズ日本橋が入っているコレド室町2の地下通路に掲示されたポスター。 ロスト・バケーション [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

原題:“The Shallows” / 監督:ジャウム・コレット=セラ / 脚本:アンソニー・ジャスウィンスキー / 製作:リン・ハリス、マッティ・レッシェム / 製作総指揮:ジャウム・コレット=セラ、ダグラス・C・メリーフィールド / 撮影監督:フラヴィオ・ラビアーノ / プロダクション・デザイナー:ヒュー・ペータップ / 編集:ジョエル・ネグロン / 衣装:キム・バレット / 視覚効果監修:スコット・E・アンダーソン / 視覚効果プロデューサー:ダイアナ・スタリック・イバネス / キャスティング:ベン・パーキンソン / 音楽:マルコ・ベルトラミ / 出演:ブレイク・ライヴリー、オスカル・ハエナダ、ブレット・カレン、セドナ・レッグ、ジャネール・ベイリー / ウェイマラナー・リパブリック・ピクチャーズ、オンブラ・フィルムズ製作 / 配給&映像ソフト発売元:Sony Pictures

2016年アメリカ作品 / 上映時間:1時間26分 / 日本語字幕:? / PG12

2016年7月23日日本公開

2017年7月5日映像ソフト日本最新盤発売 [DVD Video:amazonBlu-ray Discamazon|aK ULTRA HD + Blu-ray セット:amazon]

公式サイト : http://www.bd-dvd.sonypictures.jp/lostvacation/

TOHOシネマズ日本橋にて初見(2016/7/23)


続きを読む

『ワイルド・スピード ICE BREAK(字幕・3D・IMAX)』

新宿東宝ビル壁面を飾った大看板と、それを見おろすゴジラ。 ワイルド・スピード ICE BREAK ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

英題:“The Fate of the Furious / Fast & Furious 8” / キャラクター原案:ゲイリー・スコット・トンプソン / 監督:F・ゲイリー・グレイ / 脚本:クリス・モーガン / 製作:ヴィン・ディーゼル、マイケル・フットレル、クリス・モーガン、ニヘル・H・モーリッツ / 製作総指揮:アマンダ・ルイス、サマンサ・ヴィンセント / 共同製作:クリフ・ラニング / 撮影監督:スティーブン・F・ウィンドン / プロダクション・デザイナー:ビル・ブルゼスキー / 編集:ポール・ルベル、クリスチャン・ワグナー / 衣装:サーニャ・ミルコヴィック・ヘイズ、マリアンヌ・スチュワート / キャスティング:クリストファー・グレイ、ジェフリー・カランツァ、ジョン・パプシデラ / 音楽:ブライアン・タイラー / 出演:ヴィン・ディーゼルドウェイン・ジョンソンジェイソン・ステイサムミシェル・ロドリゲス、タイリース・ギブソン、クリス・“リュダクリス”・ブリッジス、ナタリー・エマニュエル、エルサ・パタキーカート・ラッセルシャーリーズ・セロンスコット・イーストウッド / オリジナル・フィルム/ワン・レース・フィルムズ製作 / 配給:東宝東和 / 映像ソフト発売元:NBC Universal Entertainment Japan

2017年アメリカ作品 / 上映時間:2時間16分 / 日本語字幕:岡田壯平

2017年4月28日日本公開

2018年5月9日映像ソフト日本最新盤発売 [DVD Video:amazonBlu-ray Discamazon|DVD + Blu-ray セット:amazonBlu-ray オクタロジー SET:amazon]

公式サイト : http://wildspeed-official.jp/

TOHOシネマズ新宿にて初見(2017/4/28)


続きを読む